当院について

充実した機器

計画用ソフト(白内障手術用)

製品名
VERION™イメージガイドシステム
対象手術
白内障手術
機能
眼内レンズを用いた手術に役立つ前眼部の撮影、解析を行います。
特徴
  • 角膜屈折力と乱視軸の測定を行います。約1000回の高解像度デジタル画像を撮影し、強膜血管、虹彩などを撮影し、患者さん固有の特徴を捉えます。
  • 撮影したデータをもとに、切開位置、前嚢切開位置、眼内レンズの中心固定位置、乱視矯正眼内レンズの軸を計画します。
  • 術前に計画した内容を、顕微鏡とモニターに表示することができ、正確かつ再現性のある白内障手術をサポートします。特に乱視矯正用眼内レンズや、多焦点眼内レンズを挿入する際に役立ちます。

眼科用レーザー手術装置(角膜手術用)

製品名
アドバンスドフェムトセカンドレーザー
対象手術
角膜屈折矯正手術、角膜移植
機能
LASIKによるフラップ作製、角膜移植等における角膜切除・切開等
特徴
  • 高速レーザー照射により、切断面が非常に滑らかで、均一な厚みの角膜切除ができる。
  • フラップの切り口がピタリとはまり込むため、安定性が高く、非常に強いフラップの接着が可能

眼科用レーザー手術装置(白内障手術用)

製品名
LenSx®
対象手術
白内障手術
機能
フェムトセカンドレーザーを的確にコントロールし、術者の技量や経験に依らず、角膜切開、前嚢切開、水晶体分割を行うことが可能
特徴
  • OCT(光干渉断層計)画像で、切開位置を可視化することができます。
  • 角膜への圧迫を抑制する設計をしたSoftFit™患者インターフェース使用により、患者さんの快適性が向上し、また、正確な前嚢切開が可能です。

    SoftFit™患者インターフェース

超広角走査レーザー検眼鏡

製品名
Optos(R) 200Tx
機能
200度の画角で、網膜の80%以上の領域を高解像度撮影
特徴
  • 点眼薬で散瞳することなく無散瞳、非接触で撮影することができます。
  • 1回の撮影時間は、わずか0.3秒。患者さんの苦痛を大幅に減らせます。
  • カラー、蛍光造影、自発蛍光などの画像を撮影。観察が難しい網膜周辺部の病変も、しっかり捉えます。

光干渉断層計

製品名
DRI OCT Triton
機能
黄斑や視神経乳頭など網膜の断層を測定
特徴
  • 無散瞳下(小瞳孔)、明室にて眼底像が見えにくい場合でも検査可能です。
  • 硝子体から脈絡膜まで高精細かつ鮮明に描写可能です。
  • 緑内障検査、解析も可能となり、従来の3D OCT-2000に比べで約2分の1の撮影時間でOCT断層像を撮影できます。
  • スキャン光が見えないため、患者さんの固視が安定し、測定がし易くなりました。
  • 蛍光造影剤を使わずに短時間で網膜の血管の構造が撮影できます。
製品名
RS-3000 Advance
機能
黄斑や視神経乳頭など網膜の断層を測定
特徴
  • 黄斑から視神経までの硝子体、網膜、脈絡膜を精細に観察することが可能です。
  • 検査中の顔のゆらぎや、固視のずれがあっても指定した部位を捉えることができます。
  • 緑内障の解析、経過観察に優れています。
製品名
シラスHD OCT
機能
黄斑や視神経乳頭など網膜の断層を測定
特徴
  • スピーディーな画像取得で、検査時間の短縮になります。
  • 高画質、高解像度。鮮明な画像で診断を行うことができます。
  • データを豊富に蓄積し、直感的な操作に優れています。
製品名
前眼部OCT
機能
前眼部を3次元で画像化し、角膜、前房隅角、ろ過胞を測定
特徴
  • 3次元情報をわずか0.3~2.4秒で取得。患者さんに負荷がかかりません。
  • 非接触のため術後にすぐ撮影ができます。また、スリットランプでは観察が難しい角膜混濁眼の前眼部情報の取得も可能です。
製品名
ハイデルベルグスペクトラリス HRA+OCT
機能
眼底を3次元で画像化し、視神経乳頭を立体的に解析
特徴
  • 1秒あたり40,000回の高速Aスキャンレートにより、ノイズのない鮮明な撮影ができます。
  • たえず動いている目に対して、眼底の位置を正確に認識し、全く同じ位置でのOCT撮影が可能です。

レーザ光凝固装置

製品名
オプティメディカPASCAL
機能
レーザー光線による熱エネルギーを利用して、眼球を切開することなく治療
特徴
  • 正確なスポットサイズで、均一な大きさの凝固斑(光線やけど)が得られます。
  • 痛みがほとんどありません。
  • 出血や白斑が消え、新生血管の発生を防ぐことができます。

光干渉式眼軸長測定(人口水晶体度数計算)

製品名
IOL MASTER 700
機能
白内障の手術に用いる人工水晶体(IOL)の度数決定
特徴
  • 全眼球および中心窩の断層画像を同時撮影することで、正しく測定が出来ているか確認がし易くなりました。
  • 大きな眼球や、小さな眼球等、特殊な眼球の度数計算が可能です。
  • トーリックIOLの度数計算が可能です。

網膜電位計

製品名
RETeval レチバル
機能
網膜の機能を他覚的電気的に測定
特徴
  • 散瞳することなく検査が可能です。
  • 暗順応をすることなく、およそ5分で検査が可能です。
  • 角膜や水晶体が強く濁った方でも検査が可能です。
  • 網膜色素変性症、網膜剥離等の診断に有用です。

エキシマレーザー装置

製品名
EC-5000CX III
対象疾患
近視、乱視
機能
角膜の組織を除去し、形状を変形する

Moria M2

LASIKの角膜フラップ作成に欠かせないのが、マイクロケラトームです。機械的な信頼性はもちろんのこと、さまざまな角膜曲率半径に対応できること、フラップの直径が計算どおりにできること、フラップの厚みが安定していること、ヒンジの位置を選択できることなどから、当院ではMoria社(フランス)製のM2を使用しています。